そもそも節税はどんな方策なのでしょうか?

一言で言うと「税金を節約する法人」ですが、ただ押さえるのではなく、あくまでも「定められた税法の範囲内で、適法に役目の税金や出汁を減らす法人」です。とことん、節税といった脱税をごちゃ取り混ぜとしてあるパーソンがいる。脱税は「違法な方法で出汁を切り落とし、役目の税金や出汁を減らす法人」です。
適法な範囲内でつりあげるのが節税、違法な業者までやってしまうのが脱税です。節税は税金を減らすことですが、それは出汁を減らすことでもあります。出汁が減るという、銀行からのローンが受けにくくなることがあります。
また、節税をやり過ぎて、その部分が税務比較で駄目されてしまった場合、後でupTAXや遅延税金がついて余計に高くつくこともあります。器材の購入や更新など、金額に陥るものがあれば節税になりますが、無駄なものまで買ってしまっては、ただいたずらに出汁を減らすだけになって仕舞う。
節税と称して器材を買いまくり、役目の中のお金がなくなってしまっては材料もクライアントもありません。役目の一心不乱を妨げない範囲で、出汁を減らす(税金を減らす)のが節税です。毎年、年の瀬になって「何か金額に上るものはないか」といった、急に要望をしている役目、ありませんか。「節税=年の瀬に何か貰う」、という話はじっくり耳にしますが、たとえば器材の注文であっても、年の瀬に一気に買った場合は添付計上されてしまって節税にならない、などということがあります。
節税は、年の瀬に焦って要望をする感じではなく、日頃の役目の添付を見ながら、年間を通してやっていきたいものです。シャンプーなんてどれも同じなんて思っていない?これがなかなか!