リサーチ明記のお仕事で手っ取り早く入力する手法に対して

自宅で、内職程度の販売ですが、内容記載のパートを始めました。必ず、そういったお仕事で稼ぐスキルと言えば、何とか早くこうして正確にタイピングをするか、に関してになるのですが、そのスキルを多々現時点調べている。
では、字記入をする事ですが、これがかなりメンドクサイ…。今まで字記入というと、通常の社内メイルを入力するときに向き合う、「お疲れ様です」や「ありがとう」など、その後自分の別名くらいしかした事がなかったのですが、今回のお仕事は映像の肩書きや読み物の別名が多いので、傾向を捜査しつつ、せっせと登録していっている。
その後、タイピングではブラインドタッチが当たり前ですが、鍵ところにもう大笑い癖がついてしまっているため、復興に手間取っている。
一際、藤四郎の内からちゃんとしたタイピング養成ソフトを使うべきですね。今さらながら後悔している。
そして、いま知ったのですが、キーボードの地区を変更するソフトというか機材もあるのですね。
地区を挑戦というと、物理的なのを連想させてしまったかもしれませんが、機材ですので、飽くまでも鍵のエンドを変更できるという意味です。例えば、「無変動」というあまり使わない鍵がありますが、その鍵に「backspace」のエンドを位置づけさせることもできるのです。
ただ、商店から供給されたパソコンにフリーソフトをダウンロートしても好ましい産物かどうか…。も試してみたいんだよなぁ。http://12stonesgrasslandbeef.com/